どんな人を育てようとしているのか?

経済学部アドミッション・ポリシー

教育理念・目標

社会の中核を支える人材を養成するために

 本学部は,経済学,経営学を中心にしながら社会科学の諸分野について,基礎から応用・実践に至るまで幅広く学習することを通じて,経済社会の動向を的確に把握し,社会の中核を支える人材を養成することをめざしています。

 

こうした人たちが今日の高度化・複雑化する社会に柔軟に対応しながら,各方面で真価を発揮するためには,基礎的能力が不可欠です。こうした能力を身につけることは,社会や経済の変化に対する適応力を高めるとともに,創造性を発揮するうえでの基盤になると考えています。また,実社会で活躍するうえで求められる実践力を身につけるためにも基礎的能力が重要です。そこで,学生の基礎的能力を高めることを本学部の教育目的とします。

 

この目的を達成するために基礎学力を伸ばすことのできる多様な授業,カリキュラムを編成するとともに,少人数教育に基づいたきめ細かな指導によって,論理力,表現力,開かれたコミュニケーション能力や共生する力を育成します。同時に,国際化,情報化などに対応できる能力も育成します。

求める学生像

いきいきとした好奇心、自己表現、そして、バイタリティー

 本学部は,経済社会の諸問題に関心をもつ人に対して,その基礎的能力を高めることを教育の目的としています。

 

したがって,本学部に入学する人は,経済社会への関心や基礎学力を有すると同時に,自分のもつ学力や能力を伸ばしたいという意欲をもつ学生であってほしいと考えています。とくに,いきいきとした好奇心をもち続けられる人,しっかりした自分をもち自己表現ができる人,そして,バイタリティーあふれる人を本学部は求めています。卒業後の進路として,次のような目標をもっている人が入学することを歓迎します