大井 尚司

教員紹介

氏 名
大井 尚司(Hisashi OOI)
職 名
准教授
学 科
経営システム学科
講 座
経営行動論
専門分野
交通論(交通経済学・交通政策) 観光、公益事業論、公企業論
主な担当授業科目
交通論、国際物流論、地域と交通
リンク
研究者総覧

ゼミ紹介

タイトル
ヒトとモノの「移動」とそれに関する経済活動を考える-交通論・観光・公益事業論
テーマ
キーワード:交通、観光、地域/都市問題、公営企業・公企業・公益事業の経営
高速道路の割引、「第三セクター」の経営破綻、観光地の経済効果、JAL再生、地方のバス・鉄道の経営、「買物難民」など、身近な話題を(「交通」「観光」「経済」の切り口で)考え、「現場の問題に活かせる」研究成果をつくりだすことがゼミのテーマです。
学習内容・学習方針
■学習の方法(手法): 経済学の理屈、データ分析、フィールドワーク(現場視察)
■学習の内容と方針:
(3年次前期)基礎的な知識の習得
(1) 理論・ツールの勉強(教科書の輪読、データ操作などの実習などで学びます)
(2) 実社会・現場への関心+「常識」づけ(新聞記事の報告・解説が中心ですが、文章法やプレゼンの練習を行うこともあります)
(3年次後期)グループ研究
全員ないし数名単位で、テーマを1つ選んで、グループ研究をします。懸賞論文作成のほか、外部で発表してもらうこともあります(学会報告など)。これはまたとない経験になります(本気でやって成果が出れば、勉強したことを就職の自己PR等に書けます!)。
(3年次後期から4年次)個人研究と就職活動支援
(3) 卒業論文の作成(4年次で)
各自の関心に基づいて、1人1編を作り上げます。随時中間報告を行います。
(4) 就職活動の支援(3年次後期から)
新聞記事報告((2)を継続)、面談、書類指導、マナー練習など(一部は時間外で)
その他
担当教員は旅行会社・国土交通省外郭の研究所への在籍経験があり、これらのテーマを専門に研究・教育・社会活動(行政の委員など)を行っています。
人脈作りと相互の刺激のため、ゼミは3年と4年の合同で実施し、イベント(コンパ、旅行、現場見学など)も開催予定です。
このゼミに入ると、経営システム学科の所属になりますが、経済学的な考え方を使うことがほとんどです(経営学分野ではマーケティングなどが多少関連する程度)。本ゼミの内容に関連する科目としては、交通論、ミクロ経済学、産業と経済、経済政策、公共経済学、地域経営論、都市経営論、地域構造論などがあります。