就職支援室

 大分大学経済学部には、旧制大分高商以来90年を超える伝統があり、多くの卒業生が経済界をはじめ各界で活躍し、広く社会的信用を得ています。雇用情勢に関わらず、就職状況は堅調で、平成29年度の卒業生311名に対して1,313社から求人票が寄せられました。

 

 それら求人に対して就職支援室では様々な側面から支援を行っています。ガイダンスの開催やエントリーシートの指導、企業説明会を開催し、学生のみなさんが適切な就職活動を行えるようにサポートしています。またこのような支援活動だけでなく、個別の相談にも適宜応じ、みなさんの様々な悩みや問題点の解決にともに取り組んでいます。さらに就職支援室には、求人票(パソコンにて閲覧可能)はもちろんのこと、各企業のパンフレット類、就職支援室を訪問くださった企業の方々から得た情報、教員らが企業訪問した各企業から得られた情報等、さまざまなデータがそろっています。これらも就職活動に大いに活用してください。

在学生の皆さまへ

求人に対して就職支援室では様々な側面から支援を行っています。

就職状況

主な就職先

学外の皆さまへ

就職委員会では、就職支援の一環として、企業や行政の第一線で働く社会人 講師による「キャリア教育」の充実を働きかけております。