久木元美琴 経済学部准教授が経済地理学会著作賞を受賞

 本学経済学部 久木元 美琴准教授の著書『保育・子育て支援の地理学:福祉サービス需給の「地域差」に着目して』(明石書店,2016年10月発行)が第8回経済地理学会著作賞を受賞し,5月28日に明治大学で開催された,第64回経済地理学会総会において表彰されました。

 

 経済地理学会著作賞は隔年で選考されますが,受賞対象は45歳以下の経済地理学会正会員の著作のうち経済地理学研究に著しく貢献したものとされており,受賞候補者の選考は経済地理学会賞選考委員会が行い,評議会で決定されます。

 

 久木元准教授は「大分大学の研究環境と同僚の先生方や学生の皆さんにも刺激と支えを頂きながら,本書の出版を実現することができました。心より感謝申し上げます。今後は,学会賞受賞者の名に恥じない優れた学術的貢献をめざすとともに,教育や地域にも貢献できる研究成果を打ち出せるよう精進したいと思います」と話していました。

 

 

経済地理学会 山本健兒会長(左)と表彰状を手にする久木元准教授

経済地理学会 山本健兒会長(左)と表彰状を手にする久木元准教授