教員・ゼミ紹介

教員紹介

氏 名
碇 邦生(Ikari, Kunio)
職 名
講師 
学 科
経営システム学科 
講 座
経営行動論 
専門分野
人的資源管理論、組織行動論、産業組織心理学 
主な担当授業科目
人事システム論など 
リンク
研究者総覧 個人HP 

ゼミ紹介

タイトル
人的資源管理論(Human Resource Management) 
テーマ
企業だけではなく、あらゆる組織は個人(ヒト)が協働することで成り立っています。人的資源管理論とは、組織が目標を達成するために、どのようにヒトをマネジメントしていかなくてはならないのか、組織内の個人にとって最も幸せな状態とはどのようなものか、について考えていく学問領域です。
また、テクノロジーの進化や経営の高度化といった現代社会の流れから、これまでの働き方とは異なる能力やスタイルが求められています。そのような中、今後、最も重要視されている創造性(Creativity)とグローバル人材(Global resources)という2つのキーワードを中心に研究しています。 
学習内容・学習方針
ヒトのマネジメントについて基礎的な知識や理論を学習するだけではなく、実践も通して、これからのビジネスリーダーに求められる資質の育成を基本方針としています。具体例を挙げると、グローバル人材として必要となる国際的視野・感覚の取得や、新たなビジネスを創造する起業家精神やクリエイティビティの開発が学習目的となります。しかし、基本的にはゼミ生の皆さんの興味関心や個人の意思を尊重したいと考えていますので、自分のやりたいことを見つけ、積極的に取り組んで欲しいと考えています。
三年次は、人材マネジメントの基本となる考え方を学びつつ、学外の実務家や大学と連携して、ゼミ生が主体となって研究プロジェクトを立案・実施してもらう予定です。
四年次は、人材マネジメントの領域と関連したテーマで卒業論文を作成してもらいます。自分の将来のキャリアに活かすことができ、卒業後に誇れるような素晴らしい論文を作成していきましょう。 
その他
※ゼミ活動の中で、英語による資料の使用や外国人とのコミュニケーションをとる機会があります。