経済学科

経済学科とは

経済学科は、人々の経済活動の法則を明らかにし、それに基づく経済社会の構造や動態を分析することを課題としています。今日、社会の高度化や国際化の下で、経済社会は複雑化し大きな転換期に直面していますが、経済学科は、こうした複雑化し変化しつつある社会の動きや構造について、新しい視野から教育研究することを目指しています。

 

経済学科には、経済学の課題や体系を理解するための基礎科目として経済学入門、初級ミクロ経済学、初級政治経済学がおかれています。これらの科目を基礎として基礎経済論、比較経済論、経済政策論の三つの講座グループがあり、その中に多彩な講義科目が開講されています。

 

基礎経済論の講義科目では、経済分析の基礎となる諸理論について、学説史を含めて検討するとともに、理論モデルに基づいて現実の経済社会を実証的に分析するための計量的手法について学習します。

 

比較経済論の講義科目では,日本経済の構造およびそれを取り巻く世界経済の構造や国際関係などについて、歴史的、構造的に分析し学習します。

 

経済政策論の講義科目では、経済社会運営のための諸政策について、理論的、実証的に分析し、経済・社会政策、産業政策から財政・金融政策に至る広域な政策論を多面的に学習します。

 

これらの講義科目を通して、経済学科は経済社会の変化や経済学の発展に対応しながら経済学の諸分野を広範にカバーし、学生の多様な問題意識や関心に応えていくことができると考えています。

講座グループ紹介

基礎経済論講座

 経済を科学的に分析するための手法を学ぶ 村山 悠 准教授

 

体系的な分析枠組みを用いて、複雑な社会を科学的に研究することから、経済学は「社会科学の女王」と称されています。この講座では、経済を科学的に分析できるよう、理論的•実証的•歴史的な思考方法を修得することが目標です。修得の度合いは、経済学検定試験(ERE)にチヤレンジすることにより、客観的に測ることができます。ERE受験をサポートする「ミクロ・マクロ経済学セミナー」という講義もあり、学生が意欲的に学習し、経済学の知識をより一層深めることができる環境が整っています。 

比較経済論講座

 比較経済論 柴田 茂紀 准教授

 

日本や世界各国の経済構造を比較して、理論的・歴史的・現実的に経済分析を行うのがこの講座の特徴です。

世界経済論の研究室では、グローバルに展開するヒト・モノ・カネのつながりを学びます。

なぜ、欧米や日本で暮らす人々がチョコレート・パフェを食べることができるのに、原材料を生産している人々がそれを食べることができないのか、という世界的な格差問題、なぜアメリカで生産された綿花が中国に輸出され、Tシャツになって中国からアメリカや日本に輸出されるのか、という国際分業について基礎から応用まで学びます。 

経済政策論講座

 経済政策論 金 珍奎 教授

 

世界経済は技術革新や情報化の著しい進展によって、グローバル化が進んでいます。とくに、アジア諸国を中心とする新興国の経済は 拡大しています。このため、以前にもまして私たちを取り巻く経済環境やその構造は複雑化し、新たな経済問題が次々と噴出しています。
このような状況の中で、私たちはどのような枠組みで現在の経済状況を把握しながらも、様々な経済問題に立ち向かえばいいのでしょうか。
まさに、この講座はその解決策の糸口を提示してくれるものです。
具体的にいえば、この講座は社会・産業政策や財政政策、そして金融政策を網羅した経済政策全般にわたる内容をカバーしています。
そして、それぞれの講座では、理論をベースにしながらも、ケースによっては実証分析をつうじて、現代の経済問題を解明していける知識やツールを提供しています。